FC2ブログ
2018年12月/ 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.15 (Thu)

日本のデンドロビューム①





日本のデンドロビューム「セッコク」(Dendrobium moniliforme)です。
江戸時代より古典園芸植物としても栽培された歴史があり、
銘品は長生蘭(ちょうせいらん)といいます。
ランといっても種類はとっても豊富で、なかでも一番育てやすい部類です。
大きさは洋蘭のデンドロと比べてとてもコンパクトで写真のセッコクも
手のひらサイズの鉢に植えられています。

品種名は「緑王殿」、緑花の花物です。
花物は花の色、形、咲き方を楽しみます。
一方葉物は葉の形、斑の入り方を楽しむというちょっとマニアなものです。
このセッコクは、10年前の学生時代にどこぞのデパートであった
「NHK趣味の園芸」展の販売ブースでアルバイトしていた時、
日当として店主と交渉して手に入れた思い出の一鉢です。
どれくらいの価格かというと、これ一鉢でランチが20人前は食べられる
とだけ言っておきましょう。うーん、今では考えられない買い物ですね(汗




にほんブログ村 花ブログへ
 にほんブログ村  ←花の情報が満載!ポチッとどうぞ


スポンサーサイト
07:54  |  花のはなし  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●そのころから

セリ犬さんそのころからもう家業継ぐ気満々だったのですね(スッゴーィ
sakae |  2010.04.17(土) 07:18 | URL |  【編集】

そうですねー。
東京農大はいったのは
何となく意識していたんでしょうね。
セリ犬 |  2010.04.17(土) 22:03 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sering.blog117.fc2.com/tb.php/556-7b5d56cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。