2008年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.23 (Wed)

お盆のはじまりは・・・

 

御殿場のお盆は7月23日から26日までです

 

今日は、お墓を掃除してお墓参りして、

仏壇を片付けて、テーブルに広げてお供物そなえて、

そして迎え火を焚いたところです

 

送り火・迎え火も地域で違うようですね。

麻がらを使う所が多いですかね?

麻がらでも地面に立てたり、細かく折って火をつけたり。

 

うちは藁を束ねて焚きます。

この辺の古いうちは昔からのお墓が敷地内にある家が多いので、

大体庭先で迎え火を焚きます。

迎え火の煙に乗って、ご先祖様の帰省お盆休みです。

自家製野菜の牛(なす)と馬(きゅうり)で帰ってきます

 

小さい頃、おじいさんに言われました。

お盆の間はご先祖様が帰ってきてるから、

いつも以上にいい子にしなきゃいけないぞ、と。

子供ながらに辺りをキョロキョロ見回して、

神妙な心持ちになったものです。

 

おじいさんの教えてくれたのは『おそれ』でした。

『恐れ・怖れ』じゃない『畏れ』です。

不可解な少年犯罪が多発する昨今、欠如しているのは

まさにそこだと思います

 

ご先祖様を大事にしないと罰(ばち)があたる。

ごはん粒を残すと目がつぶれる。

悪いことをしたら地獄に落ちる。

お金をおもちゃにしてはいけない。

拾ったお金をネコババしようとしたら、誰かにみられている気がする。

困った時は神頼みをしてしまう。

 

目に見えないこと、それが大事じゃないでしょうか

 

お墓参りを欠かさない。いつもきれいにする。

お年寄りを大事にする。(家族以外の年寄りも)

祖父母・両親・兄妹の賑やかな家族。

朝は仏壇にごはんとお茶と線香をあげリンを鳴らす。

ごはんは年長のおじいさんが箸をつけるまで皆が待つ暗黙の空気感。

 

これが私が育ってきた環境でした。

学校では教わらないコトが一杯ありました。

自分の子供もそんな風に育てたいと思います。

そんな家を作ってくれたご先祖様に感謝です

 

きっとそういうことを考える機会を先達たちが

作ってくれたんでしょうね。いいぞ盆!素晴らしきかな日本!

スポンサーサイト
19:24  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。